カテゴリー  [【ドラえもん映画 04】             のび太の海底鬼岩城 ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん映画04: のび太の海底鬼岩城 (名作アニメ) 

  
バギーはしずかちゃんの涙を止めるため
自ら敵に突っ込んでいった・・・
はたして世界は救えるか?
 


kaitei kikannjou


-----------------------------------
[映画] ドラえもん のび太の海底鬼岩城
1983年3月12日公開
配給収入:10億円
観客動員数:210万人
監督:芝山努
-----------------------------------



◆◆感想・評価◆◆

感動のクライマックス!これはドラえもん映画の中でもベスト3に入る出来ばえ。
伝説のムー大陸、アトランティス大陸という壮大な背景のもとにストーリーは展開される。
壮絶な戦い、世界の危機、バギーのしずかちゃんへの想い。
そのどれもが絡み合ってみる人を感動に誘う。



◆◆ストーリー◆◆

物語はのび太としずかが山へ、ジャイアンとスネ夫が海へ行きたいと議論するところから始まる(映画では逆)。結局ドラえもんの提案で海底山へ行くこととなる。

海底山キャンプに出かけたのび太たちは、そこで海底人のエルたちに出会った。そしてのび太たちは、海底火山の活動の影響で、滅亡したはずのアトランティスが活動を再開したことを知る。

アトランティスの鬼岩城が鬼角弾を発射すれば、海底ばかりか全地球上に被害が及ぶという。のび太たちは鬼角弾の発射を阻止するため、アトランティスのあるバミューダ海域へ向かう。



◆◆映画オリジナルキャラクター◆◆

水中バギー(声:三ツ矢雄二)
この映画の鍵を握るキャラクター。ドラえもんの道具で海底キャンプ用の水陸両用のバギーカー。
人間同様に会話ができるが、すぐに機嫌を損ねてへそを曲げてしまったりする。
しずかになついており、しずかの頼み事には素直にきく。他のメンバーからは「バギー」と呼び捨てにされるが、しずかには「バギーちゃん」とちゃん付けで親しまれる。
ドラえもんの道具に過ぎなかったが、物語を演出する重要な位置付けのキャラとなる。

エル (声:喜多道枝)
ムー連邦の勇敢な少年兵士。自分を助けたドラえもんたちをただ一人擁護し、鬼岩城が活動を開始した際には、ドラえもんらと共にアトランティスに乗り込むことになる。



◆◆エピソード◆◆

1995年にはミュージカル化され、1997年には香港でも上演されている。
大山のぶ代ら声優陣がドラえもんで一番印象に残ったキャラクターとしてバギーを挙げている。



◆◆主題歌◆◆

「海はぼくらと」
作詞:武田鉄矢、作曲:菊池俊輔、うた:岩渕まこと



◆◆同時上映◆◆

『忍者ハットリくん・ニンニンふるさと大作戦の巻』
『パーマン・バードマンがやってきた!!』
   
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。