スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん映画11: のび太とアニマル惑星 (名作アニメ) 

ピンクのもやの中には美しい動物たちの星があった
しかし反対には汚染され廃墟と化した星もある
人はどちらの道をたどるのだろうか?



animal


---------------------------------------
[映画]ドラえもん のび太とアニマル惑星
1990年3月10日公開
配給収入:19億円
観客動員数:380万人
監督:芝山努
---------------------------------------


◆◆感想・評価◆◆

環境問題を意識させられる作品。前半の入りは興味深く、面白かったが後半がダレましたね。
どうせならもっと深く環境問題についてつっこんだ内容にすればよかったかも。


「のび太さんたちの星はどうですか?」
「この星と同じくらい美しいさ…今はね」
 by のび太



◆◆ストーリー◆◆

ある夜、のび太はまどろみの中をピンクのもやをくぐって見知らぬ森に迷い込む。そこでは動物が人間の言葉で話していた。翌日、のび太はその体験を皆に話すが誰も信じてくれない。だが、どうしてものび太には夢とは思えない。そんな中、ママの話からのび太たちの学校の裏山がゴルフ場建設のために切り崩されてしまうという話を聞きつける。

その夜のび太は、再びあのもやの中に入り込み、動物の世界は夢ではなかったことを確信する。後を追ってきたドラえもんと共にもやの向こう側を探検する中で、2人はチッポという犬の少年に出会う。ピッポも人間の言葉を話す。

翌日、ドラえもんとのび太はまたあのピンクのもやを見つける。しずかも誘い、再びアニマル星へ遊びに行くことに。だが、こっそりついてきたジャイアンとスネ夫は、もやの中をさ迷ううち、荒れ果て廃墟と化した星に着いてしまう。ジャイアンはそこで「恐ろしい何か」を感じたのだった。


「今は?」
「……いや、これからもずっと僕たちで美しい星にしていくさ!」
 by のび太



◆◆映画オリジナルキャラクター◆◆

チッポ(声:田中真弓)
もやをくぐった先で出会った好奇心あふれる犬の少年。アニマル星に伝わる神話に興味を持っている。たまに無茶なことをする。



◆◆エピソード◆◆

原作にあった出木杉の登場場面が、映画ではすべてカットされている・・・まっいいか。



◆◆主題歌◆◆

「天までとどけ」
作詞:武田鉄矢、作曲:堀内孝雄、うた:武田鉄矢



◆◆同時上映◆◆

『チンプイ エリさま活動大写真』
  
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newtone777.blog27.fc2.com/tb.php/10-ab5e1403

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。