スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん映画03: のび太の大魔境 (名作アニメ) 

  
ペコがしゃべった!?
アフリカの秘境には犬の王国が存在した!
伝説を頼りにのび太は戦いに挑む
   

dog war


----------------------------------
[映画] ドラえもん のび太の大魔境
1982年3月13日公開映画
配給収入:12億1000万円
観客動員数:250万人
監督:西牧秀夫
----------------------------------




◆◆感想・評価◆◆

木々がうっそうと茂ったジャングルは冒険心を掻き立てられる。
今回の舞台はアフリカ、ザイールの秘境。衛星写真でも撮影できない秘境!
捨て犬のペコはバウワンコ王国の王子だった!
夢をかきたてる素晴らしいストーリー。
ドラえもん映画の中でも存在感を放っている。



◆◆ストーリー◆◆

のび太が道で拾った犬“ペコ”が突然言葉を話した!
なんとペコはアフリカの秘境にある犬の国“バウワンコ王国”の王子だったのだ。
のび太たちはのペコを引き連れ、謎の巨神像があるというアフリカの秘境へやって来た。

しかし王国は悪の手に落ち、人間界への侵攻作戦も企てられていた。
バウワンコ王国に古くから伝わる伝説では10人の異人が巨神像の力をもって国を救うと言う。

のび太やドラえもんは伝説の異人なのか?あと5人は何処にいるのか?巨神像の力とは・・・



◆◆映画オリジナルキャラクター◆◆

ペコ(クンタック王子)(声:清水マリ)
のび太が空き地で拾った犬だが実はバウワンコ王国の王子。部下のクーデターにより殺されそうになったがなんとか逃れ、日本に辿り着いた。
動物嫌いのママもペコを受け入れ、野比家で飼う事になる。ドラえもんやのび太達の助けを借りて故郷に帰り、王国の奪還を狙う。のび太やドラえもんはもちろん、ジャイアンとも厚い友情で結ばれ、誠実な性格である。しかし時折お調子者や天然ボケの側面も見せたりする。「ペコ」は、のび太が「ハラペコだったから」と付けた名前。



◆◆エピソード◆◆

どこでもドアが使えなくなる理由が原作と映画では異なっている。原作では空き地に置いたままだったため神成さんにゴミと思われ焼かれてしまうが、映画ではワニの大群に食べられてしまった。

舞台のヘビー・スモーカーズ・フォレストとは「煙草好きの森」を意味しておりアフリカにあるザイールのコンゴ盆地の秘境である。上空が常に霧で覆われており、衛星写真でも撮影できない。



◆◆主題歌◆◆
「だからみんなで」
作詞:武田鉄矢、作曲:菊池俊輔、うた:岩渕まこと



◆◆同時上映◆◆

『怪物くん・デーモンの剣』『忍者ハットリくん・ニンニン忍法絵日記の巻』
  
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://newtone777.blog27.fc2.com/tb.php/15-f30e2749

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。